古民家再生はオシャレで地域貢献にも役立っている?

古民家を使った事業とは?

カフェや民宿として人気を得ている?

都会よりも地方に多い古民家ですが、全ての建物が住宅として利用されている訳ではありません。和の雰囲気を活かしたカフェや民宿として活用されている事も多く、雑誌やメディアに取り上げられる場合もあります。

商業・宿泊施設として利用される際に、何といっても建物の安さが上げられます。農村にある古民家は2~300万円以下で購入出来る事、更にリフォームしても都会で賃貸物件を借りるよりも安くなります。

別の項目でも説明しましたが涼しげな雰囲気且つ、木造で断熱材を使っていない事や隙間風があるのでとても涼しいです。近年の日本は猛暑続きですし、且つエアコン代不要になるので、これを機に地方で古民家カフェを開く方も増えています。

地域活性化プロジェクトとは?

アナタは「地域活性化プロジェクト」という言葉を聞いた事がありますか?

ほとんどの方が耳にした事の無いキーワードですが、このプロジェクトは江戸~大正時代に作られた歴史的建造物や古民家を整備して、地域の交流施設として活かすのが目的です。単に整備するだけでは無く参加している地域を盛り上げる為のプロジェクトで、寄付をしてくれた方に返礼品を送ったりオフ会を開催していたりしているところもあります。

クラウドファンディングで寄付を集って地域活性化を目指す、またはネットを通じて地域活性化には何が必要なのか議論を交わすなど様々な活動をしています。都会だけでは無く地方にも元気になって欲しいと思う方は参加してみてはいかがでしょうか?


この記事をシェアする
TOPへ