地域活性化に一役買っている古民家再生

古民家再生はオシャレで地域貢献にも役立っている?

都会と地方の現状について

近年良く耳にする様になった「古民家」ですが、単に古い家を指しているのでしょうか?その由来や定義はもちろんの事、今更聞けない古民家について公開しています。 これから古民家を使った事業はもちろんの事、単純に建物として興味がある方どちらにも役立つ情報です。

古民家ってどんな住宅を指すの?

一昔前に比べると都会と地方の溝は少しだけ浅くなった様に感じられます。ネットの発達によって都会で購入出来るもののほとんどはネット通販でも手に入る様になりました。また大型商業施設やコンビニが出来る事で食材を含め、様々なものが簡単に手に入ります。但しこれらはあくまでも手に入りやすいものが身近になったというだけで、文化的な生活についてはまだまだ都会の方が勝っている様です。

そして忘れてはいけないのが住宅の事情です。都会には様々な建物や施設があり、多くの娯楽に溢れています。しかし限られたエリアに建物が密集しているので同じ様な間取りになりやすく、且つ土地代が高くなるケースが多いです。反対に地方は土地代が安くなりやすいので、都会と同じ価格でも間取りに差が生じます。

いくら娯楽や文化的な生活が出来るといっても生活する場所が窮屈では健やかな生活は送れない。そう考えて近年ではあえて地方に移住する方も増えています。それに合わせて伝統的な形式の住宅が注目される様になりました。今回は近年注目を集めている古民家に着目して紹介していますので、これまで都会に住んでいて触れる機会が無かった方はもちろんの事、住んでみたいと思う方にも役立つ情報を公開しています。

クラウドファンディングを使ったプロジェクトも始動している様なので直接的に関わる事は出来ないが、古民家や日本の歴史的建築物と繋がりを持ちたいという方は参考にしてみて下さい。

古民家を使った事業とは?

「民家」という言葉がついている事から、住むだけと思っていませんか?近年は企業が古民家を購入し、そこで事業を始めるのも珍しくありません。 クラウドファンディングなどでも古民家再生の為に様々な活動を呼びかけている方もいます。今後更に注目される古民家ビジネスを公開しています。

雰囲気のある古民家に住もう!

古民家の中には築100年以上もの建物も珍しくありません。耐久性や住み心地が気になるところですが、その点は問題無いのでしょうか。 実際に古民家をリフォームして住んでいる方に聞く良い点・悪い点をまとめています。雰囲気抜群の古民家にアナタも住んでみませんか?

上へ